Skip to content

現在の中古車販売に於ける主な3つのルート

現在の中古車販売ルートには、専門市場であるオートオークションと買取業者等による直販、また個人売買の3つが主となっています。そして、少し前までは日本国内で販売される中古車の約70%はオートオークション経由によるもので多数を占めていましたが、現在では売る側、買う側の両者のコスト面でのメリットから直販又は個人売買が増える傾向にあります。そこで、それぞれ3つの販売ルートの特徴は、まずオートオークションでは毎週全国各地の会場で開催され、常駐する専門の査定士の厳しい目で検査が行われた後に前回の同種同程度の車両落札値から中古車販売やディーラー、輸入等の会員登録した業者間で競りが行われます。その為、競りに上った段階で車両コンディションが確認されている為、このオークションを通じた中古車はある程度品質が保障されており、その一方で中間マージンが掛ることから実際に販売される際には設定価格が高めになる傾向にあります。

次に、直販では一般的にその業者が買い取った中古車を独自に検査し、点検等を行ってから直接販売する為、中間コストが抑えられ販売価格が相場よりも低い傾向にあり、また買取に於いても他より高値が設定されている傾向にあります。そして、個人売買はインターネットオークション等で比較的容易に売買が可能であり、交渉も直接行える為コストを抑えて取引することができますが、その一方で特にネット取引では実際に車両を確認できないことの他手続上のトラブル等の難点もあります。立体駐車場のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です