Skip to content

立体駐車場を作るメリットを知る

土地活用にもいろいろな方法がありますが、駐車場経営も人気があります。駐車場には様々なタイプがありますが、それぞれメリットもあればデメリットもあります、駐車場の経営を考えている場合は、それぞれの特徴をしっかりと理解しておきたいところです。平面式の場合は、広い土地が必要になりますが、比較的簡単に作ることができます。車の出し入れは簡単にできますが、雨ざらしになるので、車が傷みやすい汚れやすいなどのデメリットがあります。

そして、防犯性は低い傾向にありますので、監視カメラを設置するなどのセキュリティへの対策はきちんとしておくことが大切です。狭い土地で平面式となると多くの車を駐車させることはできません。それゆえ、狭い土地では利用者も少なくなるので収入も少なくなります。狭い土地で多くの車を収納するのであれば、立体駐車場も検討してみましょう。

立体駐車場にも自走式と機械式がありますので、どちらにするかも決めておきたいところです。自走式の立体駐車場は、目的の階まで運転して車を停めることになります。これに対して、機械式の場合はエレベーターのような機器を利用して駐車させます。立体駐車場では車を屋内に保管しておけるので、車体へのダメージが少ないこともメリットです。

機械式の場合なら、セキュリティもしっかりとしていますし、当て逃げなどのリスクもありません。車の出し入れに時間がかかること、車のサイズ制限にひっかかりやすいという欠点があることは理解しておきましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です