Skip to content

立体駐車場についてのいろいろ

立体駐車場は狭い場所に車をいくつも入れることができるので、効率的で便利です。特に場所が狭い都心部は多くがこの駐車場です。一方で田舎などの土地が広いところはこの方式にしていません。立体駐車場はコストや人権費が重なるため、誰もが立体駐車場を好もうとしないからです。

広い土地だと車をその場にとめておけば、コストや人権費は最小限で済みます。狭い日本だからこそ、土地を有効活用するために、この立体駐車場という考え方が生まれました。車が社会にたくさん進出してきた昭和30年代ころからです。もうそのころから都市部や、デパートでは活用されていたのです。

もともと立体駐車場という概念はほぼ日本だけです。土地が広いアメリカなどはわざわざこの方式にする必要性がないからです。大型デパートには、広々とした平面の駐車場が構えています。駐車場からデパートまでは歩くのがやや大変ですが、そこが国民性なのかもしれません。

ですからアメリカ人が日本のこの方式の駐車場を見たら驚くと同時に滑稽に思えるかもしれません。逆な見方をすれば、日本人は器用で土地を有効活用しているのか、と尊敬するでしょう。そこは国民性でもあり、一人ひとりの考え方や意識の捉え方の違いです。国によって車をとめるやり方やお金のかけかたは違います。

要は安心安全に無事に、大事な車をとめることができるのが一番なのです。いろいろな意見の基にまずは車を大切にすることです。車を大切にすることは時間とお金に無駄を省くことができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です