Skip to content

立体駐車場は夢の世界

立体駐車場のに入ると気分がうずきます。買い物にしろ市役所にしろ不思議な世界に誘われてしまい、子供の時にまるでタイムスリップしたような感覚さえ生まれてしまいます。ペットの犬と猫を連れて、埼玉県のとある動物病院医にいくために立体駐車場を利用する機会が最近がありました。ちょうど真ん中まですすんだときですが、ペットの犬がワンと車内に響くような可愛い声をあげ、このときの感覚は35年ほどの前の20歳前後までにタイムスリップしたような感覚に襲われました。

場所は埼玉ではなく地元の横浜のとある田舎のようで、そういえばそんなところにも立体駐車場があったのだなぁと冷静に考えていました。立体駐車場の迷路はそんなふうにして、今と過去を上手につないでくれます。あのとき、こうすれば良かったなぁとか、あのときこんなことで悩む必要なあかったのだといまのは20前後の過去にアドバイスをおくります当然、20前後の過去にはその声は届きません。一生懸命アドバイスしても20前後の過去は立体駐車場のなかで一生懸命もがきながらなにかを悩んでいるだけです。

ペットの猫のうなずく優しい声がしましたので我にかえりましたがここは横浜でも30年前でもないし、いまそのものでした。過去を放り帰ってもしかたありませんが、そんな過去を懐かしむ時間がにあってもいいはずだと感じました。そうおもいながら動物病院に向けて車を走らせ、このかわいいペットにためにもがんばらなきゃと心に誓いながら、車を運転しつつじ後の行事を冷静に片付けていくようにしていきました。立体駐車場のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です