Skip to content

認定駐車場を建設するメリットとデメリット

日本は国土が狭い特徴を持っていますが、駐車場を利用するケースは増えています。様々な地域で駐車場があるわけですが、その中でも国土交通大臣から法令における基準を満たしていると認められているもののことを認定駐車場と言います。基準に関しては防火設備や構造などが法令で定められていて、基準をクリアすることで認定を受けることができます。認定駐車場であれば法令上において耐火建築物と認められます。

従って、耐火設備を置かなくても良くなりますし、防火区域を設けることも省くことが可能です。本来であれば防火シャッターなどの設備を置く必要があり、それらの費用がかかることになりますが、認定駐車場であれば簡易なものを設置するだけで済みます。建築確認の申請でも書類の中で、構造計算書を提出することを省略できる点が経営者にとってメリットになります。建築物を作るときに必要な書類の提出などを省けるために、建物の完成までにかかる時間を短くできることもプラスの側面と言えます。

そのために建設費用をカットすることができるので、コストパフォーマンスの向上につながります。認定を受けるには、隣接した建物との一定の間隔があることが条件になります。通常のパーキングと比較すると設置できる土地に限りがあることや、地上階だけで完成している必要があるために地下を設けることはできなくなります。デメリットとしては国土交通大臣に申請を行う前に、第三者評価機関に性能の評価をしてもらわなければならないことが挙げられます。

性能の評価で十分ではないと判断されると、追加で工事を行う必要が出てくるためにコストが大きくなる可能性もあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です