Skip to content

認定駐車場を建設するメリットについて

現在では駐車場の種類も多彩になってきており、土地の形や条件に応じて色々なタイプを専門業者が作ることができます。一般的な平面的なものだけではなく、2段式や多段式のものやタワー式のものも作られています。数ある種類の中でも安心して使えるタイプとして、国土交通大臣が認定している駐車場もあります。認定を受けている駐車場では、構造や防災などの条件をクリアしていて、国が設けている厳しい基準を満たしています。

安全性について国家が事前に調査を行うことで保証していることが特徴です。認定の種類においても防災や型式適合という分野が存在しており、防火、耐火に関しては国土交通省が規定している防火と耐火の基準をクリアしていることが条件となります。消防設備を新たに設置する必要性がなくなるために、営業を行う経営者の立場としてみればコストカットにつながるメリットがあります。型式適合では駐車場の基礎部分や部材、構造に関する基準をクリアしているかどうかが調べられます。

基準を突破していれば構造計算の審査を改めて受ける必要が無くなるために、完成までの期間を短縮できるメリットが得られます。費用の節約にもなることから、コストパフォーマンスが高いことが特徴です。国の基準は一定のルールに基づいて定められていますので、システム化されていると言えます。1層2段のものから5層6段のものまで計画を立てることが可能で、それぞれの認定を受けることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です