Skip to content

認定駐車場とはどのようなものか

認定駐車場とは、構造や耐火などの建築基準を満たしていると国土交通大臣から認められているものであり、性能が保証されているので建築基準が緩和されるのが特徴です。耐火性のある建造物としてある扱われるため、通常であれば必要になる耐火被覆を行う必要がありません。同様の理由から防災区画の簡易化もできるようになる、消防設備も簡易化できるため、これらにかかる費用の削減や工事期間の短縮などのメリットがあります。同一敷地内の建物からの距離も3mから5m以上離すように指定されているため土地の広さにも制限がかかっていましたが、認定駐車場であれば1m以上の距離があれば設置可能になるので狭い土地でも設置しやすいです。

完全に新規に認定駐車場を作ろうとした場合、第三者評価機関に性能の評価をしてもらい、大臣に申請しなければならないので許可されるまでに数か月かかってしまい、不足していれば追加の対応が必要になるためその分のコストがかかってしまうことがデメリットになるので注意しなければなりません。このデメリットを解消する方法もあり、メーカーでは既に認定されている駐車場を製品として取り扱っているところがあるため、これを利用すると良いでしょう。5層6段までのものであれば用意されているので大型のものでも導入が可能です。また、対応できない6層7段のような規模になる駐車場にしたい場合でもメーカーで個別認定として対処できるので問題ありません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です