Skip to content

自走式駐車場のメリット

自走式駐車場のメリットは使いやすさと維持費の安さです。機械を使用しない単純な仕組みの駐車場であるため故障して使えなくなる心配がなく、定期メンテナンスの費用がかかりません。駐車場の耐用年数も長いので長期間の使用に適しています。建物の地下や上層階に設置することもできるので様々な場所で広く使われている立体駐車場です。

基本的な構造は平面の駐車場を複数階層に設置されているものであり、自分で運転して駐車スペースに移動させます。複数の車が同時に移動できるため、他の利用者の入出庫が終わるまで待たされないので便利です。ただし、階層数が多い自走式駐車場では出口が混雑することがあるため、商業施設などで時間制の有料駐車場としているのであれば事前清算機を用意してスムーズに出庫できるようにし、待ち時間の間に料金が加算されないようにする配慮をした方が良いでしょう。また、平面駐車場と同様に駐車スペースによっては建物から離れて不便になることもあるため、高齢者や障害者用に建物の近くに専用のスペースを確保しておくと利用しやすくなります。

自走式駐車場はスロープによって階層を移動しますが、十分な勾配を取れるだけの距離が必要なのである程度の土地がないと設置できません。しかし、半階層ずつ組み合わせることで必要な距離を短縮したものや、駐車場全体に勾配を付けて駐車スペースとスロープを一体化させて少ない土地でも利用できるものがあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です