Skip to content

自走式駐車場とは何か

一般的な駐車場は平地に白線が引かれていて、野ざらしの状態で自動車を駐車するところが多いです。それに対して、自走式駐車場は、平地ではなく二階以上のスペースがあり、スロープを自分で運転して二階以上まで運転して自分で駐車する駐車場の事を言います。主に、駅前やデパートやマンションなどで見かける駐車場です。このタイプにもさまざまあり、二階建てになっている二階建てタイプ、三階以上ある複数階タイプ、ビル地下にある地下タイプとあります。

賃貸契約の場合は二階建てタイプと複数階タイプの場合は、上に行くほど月々支払う料金は安くなります。地下タイプの場合は、完全に屋内にあるため、セキュリティーが高いというメリットがあります。自走式駐車場は、機械式の駐車場に比べて自動車の出し入れがしやすいというのが最大のメリットです。しかし、二階以上のスペースに駐車する場合は、重量制限に引っかかってしまうというデメリットもあります。

そして、収容台数も多いですので、自車を駐車する場合は隣の自動車や対面の自動車などに気を配る必要があり、自分の自動車が問題なく出し入れできるかどうかもチェックしなければなりません。さらに、地上高が低い自動車はバンパーなどをスロープに吸ってしまう危険性があります。しかし、一階に自車を駐車する場合は、雨風を防ぐことが出来るというメリットがあり、自走式駐車場は良いところもあれば悪いところも存在しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です