Skip to content

自走式駐車場が好まれる理由

自走式駐車場は車を運転させてスペースまで移動させる方式の立体駐車場ですが、機械を使う方式と比べるとメリットが多いので好まれています。車が走行したり、上の階に移動するためのスロープを取り付けるためのスペースが必要になるのである程度の面積がないと利用できませんが、広さがあるならこちらを検討してみると良いでしょう。利用者の視点としては自走式駐車場は構造が単純なので使いやすいことが好まれます。基本的なタイプでは平面の駐車場が各階にある構造であり、単に運転するだけで利用できるので複雑な機械操作を必要としません。

駐車スペースまで乗ったまま行けることもメリットであり、買い物の途中に荷物を置きに戻ったり、先に車に乗って同行者の用事が済むまで待つなどの利用も簡単にできるのが機械式にはない利便性です。設置者の視点としては自走式駐車場は常に利用者を監視して案内する必要がないので管理者を置く必要がありません。駐車場を設置する際の初期費用は必要になりますが、機械を使っていないので駐車場そのもののメンテナンス費用がほとんどかかりません。耐用年数も30年を超える長期になるので建て直しの費用も気にしなくて済むので維持しやすいです。

集合住宅などでは居住者の高齢化などで車の保有者が減少することがあり、機械式ではこのようなときに利用料とメンテナンス費用の釣り合いが取れなくなってしまうため、維持しやすい自走式駐車場への建て直しを行うケースもあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です