Skip to content

自走式駐車場を使いやすくするポイント

自走式駐車場を設置する際に構造や設備、周辺状況なども確認しておくと使いやすくなります。まず、運転が必要な形式であるため接触事故が起きる危険性が考えられるため、これを回避するための対策が必要です。駐車台数は少なくなりますが、走行用のスペースは十分に確保しておいた方が良いでしょう。また、スロープもコーナーで曲がる際に外側に膨らんでしまうことがあるため、上りと下りを分離した構造にしておくと対向車との衝突を防げます。

大型の自走式駐車場になると建物から離れてしまう場所もできてしまうので、高齢者や車椅子の障害者へ配慮して専用の駐車スペースも用意した方が良いです。利用者が多いのであれば1台だけでなく複数台のスペースがあった方が使いやすくなります。自走式駐車場が複数の道路に面している場合はそれぞれの行き先に対して出入口を作っておく、または交通量の少ない道路に対して作ると便利です。混雑している道路に対して作ってしまうと、通行する車の行列と合流してしまうので入出庫に時間がかかって不便になるだけでなく、道路の流れも妨げてしまうので周辺に迷惑をかけます。

利用者の多い有料の自走式駐車場では頻繁に車の出庫があるため、出口で料金精算を行っていると時間がかかって行列になってしまうので事前清算機も設置すると便利です。また、ゲートは駐車券をセンサーで検知できるものにしておくと利用者が券を機械に入れる手間がなくなるので時間を短縮できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です