Skip to content

自走式駐車場で配慮すべきポイント

自走式駐車場を設置する際に配慮すべきポイントは使いやすさです。駐車スペースまで自分で運転する仕組みなので機械の操作ミスや故障によるトラブルが起きない反面、構造によって接触事故が起きやすくなります。これを避けるには走行用に十分なスペースを確保しておき、スロープのコーナーにはミラーを設置するなどして他の車の状況を把握しやすくしておくと良いでしょう。複数の車が同時に移動できるので入出庫の待ち時間が抑えられるのが自走式駐車場のメリットですが、出口で詰まってしまうことがあります。

これにはいくつかの原因がありますが、出口の清算処理の時間をなくすには事前清算機の設置が有効です。大規模な駐車場であれば出口の数を増やしておくと複数の車が同時に出ることができます。また、通行量の多い道路に面しているとそこでも詰まってしまうため、スムーズに出せる道路にしておくのが良いです。自走式駐車場は階層を移動するためのスロープが必要なので狭い土地では利用しにくい欠点がありますが、駐車効率を向上させるために連続傾床式と呼ばれる全体に傾斜の付いた構造にしたものもあります。

この構造は台数の面では有効ですが駐車しにくくなり、傾斜があるので車椅子の利用者は床を移動するのが困難になってしまうため商業施設などの不特定多数が使う駐車場として設置するには不向きです。そのため、社員用などの限定された人が使用する駐車場とするのが良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です