Skip to content

土地活用で自走式駐車場の賃貸経営

広い土地を所有しており土地活用を考える場合、駐車場経営が広さを活かして活用できます。駐車場のスタイルには契約駐車場やコインパーキングがありますが、駐車台数が多いほど収益は上がります。駐車場を立体化することで収益性は上がりますので、近年は都市部で需要が高い立会駐車場の経営が多くなっています。立体駐車場には機械式と自走式がありますが、機械式は駐車能力が高いもコストがかかります。

自走式駐車場であればコストは低く収益性が高いです。ただし、自走式駐車場には様々なスタイルがあり、どのスタイルにするかで収益性が変わってきます。一般的なスタイルとして平面式駐車場があります。平面式駐車場は自走式駐車場の中でも駐車台数の確保が少なくなります。

一方で傾斜式駐車場があり、この場合連続して複数の駐車が可能ですが、傾斜により駐車しにくい点があります。これ以外にはスキップ式駐車場があり、各階の中間に駐車スペースを設けたタイプで、平面式よりも傾斜通路を少なくし、駐車台数も多くできます。ただし、防犯カメラ等のセキュリティ対策を複雑にしなければいけないというデメリットもあります。どの方法にもメリットとデメリットがありますが、立地条件や利用条件に合ったスタイルにすることが良いでしょう。

商業施設やデパートが周囲にある場合、短時間駐車が多いため台数が稼げる傾斜式やステップ式が良いでしょう。月ぎめなどの契約駐車場であれば平面式が良いです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です