Skip to content

自走式駐車場にはどのような特徴があるか

車の駐車台数を増やすために使用されるのが自走式駐車場であり、運転によってスペースまで移動させる方式です。使い勝手は1階だけの平面駐車場と大きな違いがないので使いやすく、機械を使わないので故障や操作完了待ち、巻き込まれる事故が起きる心配がありません。メンテナンス費用もかからないので維持しやすく、法定耐用年数も長いので建て直しを頻繁に行わずに済むので長期間の使用に適した駐車場です。自走式駐車場には様々な構造がありますが、専用の駐車場を作ったり建物の上層階に設置する場合には最上階に屋根を付けなければコストを抑えられます。

屋根なしにする場合は下層は風雨を避けられますが、最上階は直接晒されて車への影響に差が出てしまうため、集合住宅の場合は契約料金に差を付けた方が良いでしょう。自走式駐車場のデメリットとしては、駐車スペースとは別に階層を移動するためのスロープが必要になり、勾配を緩やかにしなければならないのである程度の幅がないと設置できません。また、1階だけの平面駐車場と同じように狭いスペースで強引に駐車台数を増やそうとして密集した構造にしてしまうと使いにくくなってしまい、運転ミスによる事故が起きやすくなるので注意が必要です。商業施設で使うような大型の有料駐車場にする場合、出口で料金の精算を行うと出庫に時間がかかって行列ができる要因になるため、追加の費用が発生しますが事前清算機の導入を検討しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です