Skip to content

自走式駐車場にはどのようなものがあるか

自走式駐車場にはいくつかの種類があるので設置する箇所によって適切なものを導入すると良いでしょう。最も一般的な形式がフラット式と呼ばれるものであり、平面駐車場を緩やかな勾配のスロープで接続して1階層ずつ運転で移動します。構造が単純で利用しやすく、平面なので周囲を見渡せる、車椅子の人でも不便にならないなどの特徴がありますが、勾配を確保できるだけの距離がないと設置できない点がデメリットです。フラット式の設置が難しいスペースしかなくても自走式駐車場を導入したい場合に対応できるように、デメリットを改善した構造になっているものもあります。

スキップ式と呼ばれる構造では基本的な特徴はフラット式と同じですが、大きな違いとして平面駐車場が半階層ずつ交互に組み合わさるようになっており、スロープで移動する高さが半分であるため短い距離でも導入できる点がメリットです。これも使いやすいので様々な場所で利用されています。自走式駐車場は駐車と走行するためのスペースとは別にスロープが必要なので効率が良くありませんが、これを改善したものが連続傾床式と呼ばれるものです。全体に傾斜が付いた構造なので走行するだけで少しずつ上層に移動していくのでスロープ用のスペースが不要となり、駐車効率が向上しています。

ただし、傾斜によって見通しが悪くなっているので空きスペースを見つけにくかったり、車椅子の人は不便になるなどの欠点もあるので公共施設での導入には向いていません。自走式立体駐車場のことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です